うつ病 鬱  

スポンサーリンク

うつ病治療中の生活

うつ病治療中の生活についてはまた別のページで詳しくご紹介しようと思いますが、このページではポイントを絞ってお話したいと思います。

 

初期段階 症状が重い時

うつ病と診断されて休養をとると決めたら、とにかく好きなだけ寝て下さい。

 

この頃は疲れきっている状態だと思いますので、何も考えずに好きなだけ寝ましょう。

 

抗うつ薬を服用して2ヶ月もあれば徐々に精神的にも安定してくると思いますので、それまでは好き勝手な生活を送ったほうが良いと思います。

 

私の場合は、最初の2ヶ月間はひたすら引きこもって寝ていました。

 

ほんとに1日中寝ていたと思います。

 

初めのうちはこんな事してていいのかな。。。と罪悪感みたいのもあったんですが、途中からは割りきって、とことん休むことに集中しました。

 

そんなふうにしていると、徐々に抗うつ薬も効いてきて、2ヶ月過ぎた頃にはだいぶ回復していきました。

 

 

ここで、この時期に絶対にやらない方がいい事を少しご紹介します。

退職などの大事な決断

これは絶対にやめた方が良いです。

 

とんでもないブラック企業なら話は別ですが、そうでないならとりあえず籍は置いておきましょう。

 

一番の理由は、経済的な不安といいますか、社会から取り残されることへの不安です。

 

うつが職場関係でのストレスだった場合、もう嫌だから辞めちゃおうと思うのはわかるのですが、うつが回復していざ職場がないとなると、とんでもなく焦ります。

 

この焦りと不安は、職場のストレスなんかより大きいかもしれません。

 

すぐに転職先が見つかったとしても、新しい環境でまたストレスにさらされるので、再発の危険も高いと思います。

 

私はこの判断の誤りで、結局数年間も治療することになりました。

 

いまだに後悔しています。

 

ですので、これを読んでるあなたはそのような安易な判断はせずに、回復するまで結論は待って下さい。

 

先のことは回復してから考えるようにして下さい。

 

外出

気分転換に旅行に行こうかな、なんて考えるかもしれませんが、これも控えたほうが無難です。

 

みんな働いているのに自分だけ遊んでいる。。。なんて罪悪感を感じたり、働いている人をみて、社会から取り残されたような不安を感じることもあります。

 

旅行などは回復してからにして下さい。

 

自己啓発の本を読む

自分の性格を変えようと自己啓発の本なんかを読もうとしたりすのは、逆効果なのでやめましょう。

 

うつの症状が重い時というのは、エネルギーが切れている状態なので、そんな時に自己啓発の本を読んでも実践できるわけありません。

 

それどころか、それすら実践できない自分が情けなくなったりします。

 

私も自己啓発の本は昔から好きでよく読みますが、これらの本は回復してやる気が出てからにしましょう。

 

実際に医師からも読まない方がよいと言われました。

 

早寝早起き

うつを治すには規則正しい生活をしましょう!

 

という事をよく聞くかもしれませんが、症状が重い時はやめたほうが良いです。

 

まだ気力も十分じゃない、完全にエネルギー切れの状態では、これは逆効果な気がします。

 

うつの治療には規則正しい生活は絶対に必要なんですが、それはある程度回復してから徐々に行うようにして下さい。

 

人付き合い

うつの時って人付き合いが億劫になったりしますが、そんな時は無理して付き合わないでいいです。

 

「気晴らしに遊ぼう!」

 

なんて誘ってくれる友人もいるかもしれませんが、そんな時はもう少し良くなってからまた誘ってと言ってちゃんと断った方が良いです。

 

 

回復期

しっかり2ヶ月間くらい休んで、徐々に回復してきたら、少しずつ睡眠リズムを整えましょう。

 

いきなり早寝早起きは難しいと思うので、徐々に慣らす感じで良いと思います。

 

今まで昼もずっと寝ていたなら、2時間くらいの昼寝にする。

 

それに慣れてきたら1時間の昼寝、さらに慣れたら昼寝をやめるという感じです。

 

また回復したと言っても、まだなかなか寝付けない場合は、寝付きを良くする睡眠薬を処方してもらっても良いと思います。

 

寝れないで悶々とするよりは、薬でグッスリ寝たほうが全然健康的だと思います。

 

そして、睡眠のリズムを整えつつ今度は軽い運動をするのが良いでしょう。

 

私の場合、天気の良い日は必ずウォーキングをしていました。

 

朝起きて1時間位近所を歩いてからシャワーを浴びると、とても気持ち良いので、今でも続けています。

 

ただし、気をつけねばいけないことは、無理をしないことです。

 

今日はなんか行きたくないな〜と思ったら、やめて構いません。

 

これらを義務みたいにすると、余計にストレスになるので、気楽な感じで初めてみてください。

 

あとは食事です。

 

当たり前ですが、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

症状が重い時は食べなかったり、食べれるものだけ食べるという食生活で構わないと思うのですが、回復してきたら食事もちゃんとバランスよく食べて下さい。

 

 

ざっと述べてきましたが、とにかく無理せずリラックスして生活して下さい。

 

回復したら元の生活に絶対に戻れますので。

 


関連ページ

回復過程
うつ病からの回復への過程をご説明します。
薬の服用期間
うつ病の薬の服用期間についてご説明します。
職場復帰の時期
うつ病からの職場復帰の時期をご説明します。
職場復帰の方法
うつ病からの職場復帰の方法についてご説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP お問い合わせ