うつ病 鬱  

スポンサーリンク

うつ病の治療期間

うつ病と診断されてからの治療期間はどれくらいなのでしょうか?

 

これは一概にこれくらいとは言えないのですが、今回は一般的なおおよその目安をご紹介しようと思います。

 

因みに、私は医師に黙って仕事を変えたりして再発を繰り返し、治るのに数年かかってしまいました。

 

そんな事にならないためにもちゃんとした知識をつけてください。

 

治療期間

先程も言いましたが、治療期間は人それぞれなので、ハッキリとした事は言えませんが、おおよその目安としては、半年〜1年くらいだと思います。

 

ただし、私もそうですが、1年以上かかる人もいますので、半年〜1年で治らなかったといって不安になると余計悪化すると思いますので、あくまで目安として捉えておいて下さい。

順調に回復してうつ病が治っても、薬は1年くらい飲み続ける
ようです。

 

急にやめるとまた再発の危険がありますので、これも医師とよく相談してみてください。

 

私も結構長いこと飲んでいました。

 

一度もう治ったから薬いらね〜だろと勝手に判断してやめたことがありますが、急にやめたので精神的にちょっと不安定になり、慌てて飲むのを再開しました。

 

ですので勝手な判断はしないでくださいね。

 

時間がかかるワケ

どうしてうつ病の治療はそんなに長いことかかるのでしょうか?

 

一番は再発の可能性があるからです。

 

治ってもいないのに焦って仕事をしたり、元の生活に戻ろうとしたりすると症状が悪化する事が多々あります。

 

私は治療して4ヶ月くらい経ってだいぶ症状が軽くなった時に、医師に内緒で独立して仕事を始めました。

 

今考えるとなんでそんなことしたのか理解に苦しみますが、当時は社会復帰というものにかなり焦っていたので、そんな無茶をしたんだと思います。

 

案の定それでまたぶり返して、前よりも症状が重くなりました。

 

結局そのせいで数年間も治療することになったので、これを読んでいるあなたはそんな事にならないように注意して下さいね。

 

さて、治療に時間がかかる理由の二つ目は、脳内の伝達物質の正常化に時間がかかるからです。

 

コチラのページで、うつ病には脳内の伝達物質が深く関わっていると言いましたが、その機能が正常化するのに時間がかかります。

 

ですので、うつ病の治療は根気よくじっくりと時間をかけて行って下さい。

 

どうしても焦りなんかが出てくると思いますが、医師のいうことを聞いてご自分で勝手な判断だけはしない方が良いですよ。

 

 


関連ページ

うつ病治療の基本
うつ病になった時の治療方法とは?治療の基本から薬の服用などについてご説明します。
うつ病治療中の休職
うつ病になった時、仕事を休職するかしないかは重要な問題です。このページではうつ病治療時の仕事についてご説明したいと思います。
抗うつ薬
抗うつ薬の効果などについてご説明します。
抗うつ薬の種類と特徴
抗うつ薬の種類と特徴をご説明します。
抗うつ薬の副作用
うつ病になった時の治療方法とは?治療の基本から薬の服用などについてご説明します。
抗うつ薬を服用中の注意点
抗うつ薬を服用する上での注意点をご説明します。
抗うつ薬の誤解
抗うつ薬に対する様々な誤解についてご説明します。
抗不安薬
うつ病治療で使われる抗不安薬について説明します。
睡眠薬
うつ病治療で使われる、睡眠薬についてご説明します。
気分安定薬・抗精神病薬・漢方薬
うつ病になった時に用いられる気分安定薬と抗精神病薬、漢方薬についてご説明します。
精神療法
うつ病治療で行われる精神療法についてご説明します。支持的精神療法、認知療法、対人関係療法
入院が必要な時
うつ病になって入院が必要な時とはどんな時でしょうか?それについてご説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP お問い合わせ