うつ病 鬱  

スポンサーリンク

最近のうつ病

うつ病の患者数

 

うつ病の患者数は年々増えていると言われていますが、現在ではおよそ100万人くらいいると言われています。

 

しかし、これは通院している患者さんの数なので、病院に行っていないうつ病の人をいれると、もっと大きい数字になると思います。

 

一説では、うつ病患者の5人に1人は病院に行っていないと言われています。

 

また、日本の自殺者の75%は精神疾患者で、そのうち46%はうつ病の人という結果も出ているそうです。

 

特に仕事面で大きなストレスを抱えてうつ病になり、自殺してしまう中高年が増えているそうです。

 

プチうつ

 

通常のうつよりも程度が軽い「プチうつ」というのも最近の傾向だそうです。

 

疲れやすい、ダルい、意欲がないなどの症状があるけれど、日常生活は行えるような状態のことです。

 

本人はただ憂鬱なだけと思ったり、単に疲れているだけと思ってしまい、いつの間にかうつの症状が進んでしまうというケースが多いそうです。

 

うつと合併症

 

若い人に多いようですが、うつと平行して摂食障害やパニック障害、社会不安障害などを合併してしまうことも多いとのことです。

 

新型うつ病(非定型うつ病)

最近「新型うつ病(非定型うつ病)」という言葉を多く聞くようになりました。

 

新型うつ病は従来のうつ病とちょっと症状が違います。

 

 

新型うつ病(非定型うつ病)の特徴

  • 楽しいことや好きなことになると元気になる
  • 寝ても寝ても眠い
  • 食欲があり食べ過ぎてしまい、体重が増える
  • 体が重い
  • 夕方から夜にかけて調子が悪くなる

 

新型うつ病(非定型うつ病)は、仕事などの嫌なことを考えるとうつになり、それ以外の楽しいことなどでは元気になるようです。

 

また、食欲もあり、夜も眠れるなど、従来のうつとは正反対の症状があります。

 

新型うつ病は20〜30代の若い世代に多いらしく、特に20〜30代の女性の8割はこの新型うつ病だそうです。

 

「うつ病」と「新型うつ病」では治療方法が全然違うそうなので、まずはお医者さんにきちんと診断してもらって下さい。

 

 

関連ページ

鬱と憂鬱の違い
鬱と憂鬱って何が違うのでしょうか?その違いについて解説していきます。
鬱の精神的症状
うつ病の様々な精神的な症状を解説していきます。
鬱の身体的症状
うつ病の様々な身体的症状を解説していきます。
中年期のうつ病
うつ病が一番発症しやすいのは、40才前後の中年期と言われています。なぜその年代に多いのか?また具体的な症状について解説していきます。
うつ病の原因
うつ病の原因とは一体何でしょうか?解説します。
うつ病の経過
うつ病はどのように進行していくのでしょうか?うつ病の症状の経過について解説します。
うつ病の回復までの過程
うつ病の回復までの過程をご説明します。
うつ病と似た病気
うつ病と症状が似た病気をご紹介します。
うつ病と合併しやすい病気
うつ病と合併しやすい病気をご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP お問い合わせ